5大成長因子について

5大成長因子とは

5大成長因子とは、上皮成長因子(EGF)、インスリン様成長因子(IGF)、線維芽細胞成長因子(FGF)、神経成長因子((NGF)、肝細胞増殖因子(HGF)のことです。この5大成長因子は、美容と健康に大きく関わっています。

成長因子の必要性

脳にある脳下垂体前葉で作られる成長ホルモンは、細胞、内臓、皮膚、骨、筋肉など体全体の代謝に作用しています。成長ホルモンが正しく作用することで、人間の体は正しく代謝し成長することができます。成長ホルモンの分泌ピークは思春期頃。20代後半になると分泌が急激に低下し始め、年々減少していきます。成長ホルモンが減少するにつれ、老化現象も進んでいきます。この成長ホルモンを活性化して増やす働きが期待できるものとして、近年成長因子が注目されています。成長因子は体の各部にあり、それぞれ違う働きがあります。

5大成長因子に期待できること

  • 上皮成長因子(EGF)は、上皮の細胞の成長に作用することから、お肌のシミやたるみなどを軽減してくれることが期待できます。
  • インスリン様成長因子(IGF)は、壊れてしまった細胞のサポートをする作用があることから、皮膚の生まれ変わりを促し、お肌のハリをアップさせることが期待できます。
  • 線維芽細胞成長因子(FGF)は、線維芽細胞に作用することから、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの生成をサポートし、お肌の弾力をアップしてくれることが期待できます。
  • 神経成長因子(NGF)は、神経細胞に作用することから、神経の働きを正しくしアンチエイジングに役立つと言われています。
  • 肝細胞増殖因子(HGF)は、肝細胞などの細胞に作用し、細胞の成長と再生をサポートしてくれることから、体の中からきれいになることを手助けしてくれます。