低分子フィッシュコラーゲンについて

狂牛病の発生で需要が高まった低分子フィッシュコラーゲン

コラーゲンは、タンパク質の一種で、皮膚や筋肉、関節など体のあらゆる場所で働いています。コラーゲンは、これまで牛から採取されたものが普及していましたが、狂牛病が発生したため、サケ、マグロ、サメなど魚由来のフィッシュコラーゲンの需要が高まっています。

低分子フィッシュコラーゲンの特徴

コラーゲンには、低分子と高分子があります。高分子コラーゲンは、粒子が大きく、体内で吸収されるのに時間がかかります。一方、低分子コラーゲンは、粒子が小さく、体内ですばやく吸収されます。低分子フィッシュコラーゲンは、粒子が小さいため、肌の奥まで浸透し、美肌を保つことが期待されています。
低分子フィッシュコラーゲンは、ウシやブタなどの動物性のコラーゲンと異なり、脂肪などの不純物が少なく、安全性も高くなっています。また、動物性のコラーゲンと比較すると、吸収率もすぐれています。低分子フィッシュコラーゲンは、良質なコラーゲンとして需要が高まっています。

低分子フィッシュコラーゲンの種類

低分子フィッシュコラーゲンは、魚のどの部位から摂取するかで、品質が異なってきます。多くの低分子フィッシュコラーゲンは、魚のウロコから作られています。ウロコから作られたものは、安価ですが不純物が含まれていることがあり、あまり品質がよいとは言えません。魚の皮から作られた低分子フィッシュコラーゲンは、不純物が少ないため、高品質なコラーゲンと言えます。

低分子フィッシュコラーゲンに期待されていること

低分子フィッシュコラーゲンは、肌の水分を保持し、ツルツルなお肌を作ることが期待されています。低分子フィッシュコラーゲンに含まれているヒドロキシプロリンが、ヒアルロン酸を生成しているからと考えられています。
低分子フィッシュコラーゲンは、肌の組織を修復することによって、紫外線のダメージから身を守ることも期待されています。シミは紫外線によって生じますが、低分子フィッシュコラーゲンには、シミを減少させることも期待されています。
また、コラーゲンは骨にも含まれているため、低分子フィッシュコラーゲンは、骨を強化することも期待されています。コラーゲンは、骨を接合する接着剤のようなもので、骨とカルシウムを接着させる働きがあります。カルシウムだけでは骨を強化することは難しく、コラーゲンがあって初めて骨を強化することができます。