低分子コラーゲンについて

体において重要な役割を果たしているコラーゲン

コラーゲンは、皮膚や骨などに存在し、体を構成するタンパク質の一種です。タンパク質は体重の約20%を占めていますが、その約30%はコラーゲンが占めています。コラーゲンには低分子と高分子があり、それぞれ特徴が異なります。

低分子コラーゲンと高分子コラーゲンの違い

コラーゲンの分子量は約30万個ですが、低分子コラーゲンは、分子を分解して1万個以下にしたものです。腸内で吸収される際に、低分子化する必要がないため、すぐに吸収されるという特徴があります。一方、高分子コラーゲンは、人工的に分解されていないため、体内に吸収されるのに時間がかかります。体内で一旦アミノ酸に分解されるため、コラーゲンとして体内に吸収するには効率が悪いのです。しかし、その分、体内にとどまる時間が長く、免疫力アップなど低分子コラーゲンにはない特徴を備えています。

低分子コラーゲンに期待されていること

高分子のコラーゲンは、体内に入っても吸収されにくいという欠点があります。しかし、低分子コラーゲンは、分子量が小さいため、細胞の間を通り抜けて体内の奥まで浸透することができます。皮膚の表面は角質によって守られており、小さな分子量ものしか浸透することができませんが、低分子コラーゲンであれば角質層に浸透し、肌に潤いを与えることが期待されています。低分子コラーゲンは、角質層へ浸透することが期待されているため、化粧品に含まれていることもあります。
コラーゲンは骨や肌など体のいたるところで活躍していますが、加齢に伴い、その数は減少し、肌の弾力がなくなってしまったり、髪が乾燥しやすくなったりしてしまうことがあります。加齢によって不足するコラーゲンを、低分子コラーゲンによって補うことで、美肌を保つことが期待できます。
また、低分子コラーゲンは、美肌に対する効果だけでなく、健康面でも効果が期待されています。髪や肌など、美容に関わることに作用しているコラーゲンですが、内臓や血管などにもたくさん含まれています。そのため、低分子コラーゲンを摂取することで、心筋梗塞や脳梗塞などの予防にも期待されています。
その他、骨を丈夫にしたり、関節痛を予防したりすることも期待されています。骨は、カルシウムとコラーゲンでできているので、コラーゲンを摂取することで弾力性のある丈夫な骨を作ることが期待できます。また、関節部分においては、コラーゲンはクッションの役割を果たしているため、関節の痛みをやわらげることが期待されています。