抽出方法1について

抽出方法1とは

抽出方法1とは、人、馬、豚などの胎盤から、プラセンタエキスを抽出することです。プラセンタを作るには、この行程が欠かせません。
抽出方法1にはいろんな種類があり、この方法によってプラセンタの出来上がりが変わってきます。

抽出方法1の種類

  • 酵素分解法:酵素の力で不純物だけを分解する方法です。有効成分を損なう可能性が低いため、高品質なプラセンタエキスをつくることができます。
  • 分子分画法:特殊なフィルターを使用して、不純物を除去する方法です。高濃度のプラセンタエキスをつくることができることから、医薬品に使用されることも。
  • 加水分解法:酸の力で不純物を分解する方法です。不純物だけでなく、有効成分まで分解されてしまう恐れがあります。
  • 凍結融解法:胎盤を凍結してから融解する方法です。有効成分まで破壊してしまう恐れがあることから、現在利用されることが少なくなっています。
  • 凍結酵素抽出法:凍結融解法と酵素分解法の利点を取り入れた方法です。手間がかかるため、費用がかかってしまいます。
  • 培養細胞法:特殊なフィルターを使用して、不純物を除去する方法です。有効成分が多く高品質なプラセンタエキスをつくることができることから、特許が取得されています。

抽出方法1の選び方

抽出方法1にはいろんな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。高品質なプラセンタエキスをつくることができる抽出方法は、手間がかかり、コストも高くなってしまうことが多いです。コストが高くなると製品自体の価格も高くなってしまうため、品質と価格を比較して、自分の希望に合った抽出方法の製品を選ぶことが大切になります。