ビタミンCについて

ビタミンCは人間の体内で作り出すことができない栄養素なので食べ物から摂り入れていく必要があります。ビタミンCは皮膚や粘膜を正常で健康的な状態に保つ力や活性酸素から体を守る力がある栄養素です。

ビタミンCの活性酸素から守る力

ビタミンCは活性酸素から体を守る力と還元力のある栄養素です。活性酸素から体を守るだけではなくて酸化してしまった物質を元に戻すという働きがあります。ビタミンCと同じように活性酸素から体を守る力がある栄養素として知られているのがビタミンEです。ビタミンCは酸化されてしまったビタミンEを元に戻す働きがあるのです。ビタミンCは体の免疫力を高める働きをします。免疫力が高くなることで風邪をひきにくくなる事が期待できます。
ビタミンCはストレスに対する体制を整える作用があることでも知られています。人間の体はストレスを感じると抗ストレスホルモンである副腎髄質ホルモン(アドレナリン)を分泌します。このストレスホルモンによって血糖値や血圧は上がるので体はエネルギーを増産させて体制を整えるようになります。ビタミンCは副腎に働きかけてエネルギー増産をサポートします。

ビタミンCの力

ビタミンCは紫外線によるメラニン色素の生成を阻害する働きをします。ビタミンCがシミやそばかすを防ぐという美肌力はよく知られた話ですね。
ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする働きもあります。そのため、肌のターンオーバーを整えて、肌に張りを与えたりたるみやシワを予防する事が期待できます。
活性酸素から体を守る力もあるのでニキビの炎症を抑えてニキビ跡による色素沈着も防ぐことが期待されます。ビタミンCは美肌力だけではなくコレステロールを減らして動脈硬化を防ぐ事も期待できます。