ビタミンB2について

ビタミンB2はエネルギー産生系の補酵素として働く

ビタミンB2は、ビタミンB群に属する水溶性のビタミンで、化学的にはリボフラビンと呼ばれています。
体内では糖質や脂肪およびタンパク質などの栄養素の代謝に必要な酵素の働きを助ける補酵素として、特にATPという高エネルギーリン酸化合物が産生される過程で重要な働きをしています。

ビタミンB2の生理作用と欠乏症

ビタミンB2は体内での脂肪の燃焼や糖質の利用に関わり、ヒトの発育や成長を促進するだけでなく、皮膚や粘膜、爪、毛髪の状態を正常に保つ作用や赤血球の形成、免疫に必要な抗体の産生などにも関係しています。
ビタミンB2が欠乏すると発育・成長不良になったり、皮膚の油分の多い頭皮や顔などに皮膚炎(脂漏性皮膚炎)を起こしたり、粘膜の炎症による口内炎や舌炎、目の充血や乾燥などを生じたりすることが知られています。
なお、総合ビタミン剤や栄養ドリンクなどを飲んだ時に尿の色が黄色くなるのは、ビタミンB2(リボフラビン)の色で着色されるためです。

ビタミンB2を多く含む食品

豚、牛、鶏などのレバー、うなぎ、いかなご、イワシ、いくら、たらこ、納豆、チーズ、脱脂粉乳、モロヘイヤ、紫蘇、パセリ、切り干し大根など。
ビタミンB2は水溶性のため、水洗いしすぎると流れ出たり、煮物では煮汁に出てしまうことがあります。煮物の場合は煮汁も飲めるように、薄味で調理するなどの工夫が必要です。また光に弱いため、ビタミンB2の入っているビタミン剤などは直射日光やで室内灯の光が当たらないような場所に保管しましょう。

ビタミンB2の1日推奨量

成人男性 1.6mg
成人女性  1.2mg