ビタミンB6について

ビタミンB6はアミノ酸の代謝などの補酵素として働く

ビタミンB6は、水溶性のビタミンで、化学的にはピリドキシンという名称で呼ばれています。活性型のピリドキサールリン酸(PALP)はタンパク質を構成するアミノ酸やその他の栄養素の代謝反応に関与する酵素を助ける補酵素として働いています。ビタミンB6は、一部はヒトの体内でも、腸内細菌によって作られます。

ビタミンB6の生理作用と欠乏症

ビタミンB6は体内で、あるアミノ酸を別のアミノ酸に変化させる化学反応の補酵素として働くことが知られています。アミノ酸を変化させる酵素の多くがビタミンB6の活性型であるPALPを補酵素としています。ビタミンB6はその他の栄養素の代謝や神経の伝達を行う物質の生成や赤血球に含まれるヘモグロビン、アレルギー反応と関連するヒスタミンという物質の代謝などにも関わっています。
ビタミンB6が欠乏すると皮膚炎や口内炎の他、貧血やけいれん発作、脳波の異常、うつ症状などを引き起こすことが知られています。
ビタミンB6は一部体内の腸内細菌によって作られるため、普通の食生活では不足する可能性は低いものの、抗生物質を長期間服用している場合などには腸内細菌が入れ替わったりするため不足することがあります。

ビタミンB6を多く含む食品

ニンニクや牛や鶏のレバー、マグロ、カツオなどに多く含まれ、その他鶏肉、牛肉、鮭、バナナ、抹茶などにも比較的多く含まれています。
カツオのたたきにはニンニクを使うことがありますが、これはビタミンB6を補給するのに都合のよい組み合わせと言えます。

1日推奨量

成人男性 1.4mg
成人女性 1.2mg