プラセンタとは?

プラセンタとは哺乳類の胎盤のこと

現在日本では、プラセンタブームが起こっています。このことから、プラセンタという名前を聞いた方も多いのではないでしょうか。名前は知っているけれど、プラセンタがどんなものか分からないという方も。
プラセンタは、哺乳類の胎盤でできています。胎盤とは、赤ちゃんを育てる大切なもの。妊娠すると子宮の中に胎盤が作られ、胎盤を通して赤ちゃんに必要な栄養が送られます。

赤ちゃんが子宮の中で成長するのに、胎盤はなくてはならないものとなっています。だからこそ、胎盤にはいろんな栄養素が豊富に含まれています。胎盤は、出産して役目を終えると子宮から排出されます。

出産後に自分の胎盤を食べる動物もいます。これは、胎盤の血の臭いで他の野生動物を呼び寄せないため、出産で疲労した体を胎盤のもつ栄養素で改善するためだという説もあります。動物たちは、本能でプラセンタのパワーを知っているのかもしれませんね。

プラセンタには人、豚、馬の胎盤が使われることが多い

プラセンタの種類は、使われる胎盤によって違います。
人由来のプラセンタは、医薬品での使用しか認められていません。そのため、医療機関でのみ取り扱われています。

現在最も多く出回っているのは、豚由来のプラセンタです。豚は出産する数が多いので、その分胎盤も多くなり、プラセンタも多くとれるようになります。量産できる分、商品の価格が抑えられるというメリットがあります。

近年注目されているのが、馬由来のプラセンタです。
馬プラセンタには、アミノ酸が多く含まれていること、豚由来のプラセンタには含まれない必須アミノ酸が6種類含まれているなどのメリットがあります。
以前は牛由来のプラセンタも製造されていましが、狂牛病の発生を受け、感染・衛生の観点から製造されなくなりました。
羊由来のプラセンタは、海外では多く取り扱われているのですが、日本では製造を制限されているため、日本ではあまり出回っていません。

日本のプラセンタ製品は、安全面を重視して製造されています。
植物性由来のプラセンタもあります。胎座と呼ばれる部分からとれる成分が、胎盤からとられるプラセンタと似たような成分であるため、植物性プラセンタと呼ばれています。けれど植物性プラセンタには、動物性プラセンタに含まれる成長因子がないため、プラセンタと区別して考えられることが多いです。

プラセンタには魅力的な成分が多く含まれている

プラセンタの一番の魅力は、成長因子が含まれていること。成長因子はタンパク質の一種で、細胞を活性化させたり、増殖させたりという働きを助けてくれます。
新陳代謝のサポートもしてくれることから、お肌を美しくしたり、若々しく見えるようにすることが期待されます。成長因子以外のタンパク質も豊富で、健康な体をつくるために役立ってくれます。

人間の細胞を作るのに欠かせないアミノ酸も豊富に含まれています。
アミノ酸は健康で若々しい身体とお肌を作るサポートをしてくれる大切なものです。
プラセンタのアミノ酸は、体への吸収率が高いというメリットもあります。

美容と健康に役立ってくれるビタミンも多く含まれています。
ビタミンは、体を健康に若々しくしたりする働きなどが期待できる成分です。

遺伝子に作用すると言われている核酸も含まれています。
核酸には、新しい細胞をつくる助けをする働きがあることから、老化を緩やかに、健康で若々しい体を維持してくれる働きが期待できます。

プラセンタには、これらの体に必要な成分が豊富にバランスよく配合されているため、健康と美容に良い影響を与えてくれます。

プラセンタはいろんな分野で活用されています

プラセンタは、医療分野でも多く活用されています。多くの女性を悩ませている更年期障害の症状を治療するために使用されています。
妊婦の乳汁分泌を促進するために使用されることも。肝機能を活性化させることから、慢性の肝疾患の治療にも用いられています。
美容医療では、美肌とアンチエイジングを目的として多く使用され、美容医療に欠かせないものとなっています。
一般で販売されているものには、健康食品、サプリメント、化粧品などがあります。種類や価格も豊富で、自分の好みのものを選ぶことができます。健康と美容に役立ってくれることから、多くの人から人気を集めています。

種類が豊富だからこそプラセンタを見る目を養おう

ドラッグストアやインターネットで、手軽にプラセンタを手に入れることができるようになりました。でもプラセンタと一言で言っても、プラセンタの種類や抽出方法などによって、プラセンタに含まれる成分や期待できる働きが違ってきます。プラセンタの成分や抽出方法などをチェックして、より良いものを選ぶようにしてください。プラセンタは、健康と美容をサポートする強い味方となってくれますよ。